本日もご盛況で!繁華街ホストクラブ

本日もご盛況で!繁華街ホストクラブ

夜のネオンが派手に広がる街の一角、そこそこ繁盛してると思われるホストクラブ店で僕は受付として働いてる。僕は傍から見たらただの男。

 

ホストクラブの中に居たって僕を目当てにくるお客様もいなければ、キラキラしたオーラがあって華やかな彼らの存在と比べると、僕は店内装飾品の一部にすぎないんだ。

 

お客様もサービスを受けている時はとにかく楽しそう。お客様はホストが大好きなんだね。完全にホストにハマっちゃってるね。彼らを見ている感じ僕が思うのは、ホストとして活躍する人はみんな「ヒモになれる要素」を持っている。

 

女性を楽しませる為の努力を日頃からしていて、天性の資質は無視できないけど、女性側から手放したくないと思われるような魅力を作っているんだね。でも僕はホストに向いてない男だから色々と彼らを見て勉強してる。

 

ホストクラブとして繁盛真っ只中な時間は言わば芝居舞台。幕が降りている時の舞台裏は、以外と内部争いがあるものだよね。ランキングなんてものがあるからその世界で活躍する彼らは皆必死なわけだ。

 

上昇志向の強いホストほど派閥作ったり、一線を越えた客引き行為をしたりと普通にできる。結局それはどこの世界でも同じだと思うけど。そんなドロドロ劇場な舞台裏も、幕が上がればみんなお客様を楽しませる為に頑張ってる。これからもっともっとこのホストクラブが繁盛していくのを楽しみにしているよ。